新型コロナウイルス(COVID-19)感染対策への 福臨技としての今後の対応について

2福臨技発第21号
令和2年9月9日

会員各位

(一社)福岡県臨床衛生検査技師会
会長 西浦 明彦

新型コロナウイルス(COVID-19)感染対策への
福岡県臨床衛生検査技師会の10月以降の方針について

前略
日頃より、福臨技活動についてご尽力、ご協力いただき感謝申し上げます。
9月9日(水)福臨技運営理事会を行い、10月以降の福臨技としての方針について
協議し、下記の内容で進めていく事といたしました。
福岡県臨床衛生検査技師会活動に関して、基本は医療人として、国民(県民)に模範となる対応をお願いすると共に、厚労省の「新しい生活様式」を取り入れながら、皆様の健康を大切にして活動していただき、少しでも前に進んで行きたいと思います。
会員皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

1)福臨技主催の各会議および研修会ついては、引き続きzoomによるオンラインで行う事とするが、会場での開催も可能とする。ただし、会場での開催を行う場合には、利用施設の使用条件に従う事。また、施設側に利用条件が定められていない場合は収容人数の1/3の人数制限を設け行うこととする。
① 10月の開催につきましては、福臨技ホームページを閲覧いただき、不明な点があれば事務局にお尋ね下さい。
② 11月以降の研修会等については、行事予定表の案内が発送出来るよう進めます。
③ オンライン研修会への参加はURLが必要となりますので、申し込みは日臨技ホームページの研修会から事前登録申込を行い、研修会担当者より参加登録者へ研修会URLをお送りします。
2)尚、日々情勢が変化していますので、11月以降の対応については、毎月第2水曜日の理事会で協議し決定し、会員の皆様へは書面及びホームページにて報告する事といたします。

草々